『弁護士 高見沢響子12』

オンエア延期となっておりました、

『弁護士 高見沢響子12』の放送日が決定しました。

2014年7月7日(月)21:00~のTBS月曜ゴールデンです。

 

このシリーズが始まった当初、

実は『女弁護士 高見沢響子』というタイトルだったのです。

当時男女差別意識の高まりによって、

『女』という文字を抜いて現在の『弁護士 高見沢響子』になった

という逸話があります。

タイトル一つにも歴史や社会性が見て取れて、感慨深いですね。

 

さて、オンエアが7月7日、七夕というのがいいですね。

非常に覚えやすいです。

皆様にテレビ画面でお会いするのは、

織姫と彦星が会えない期間より長いというのは、

何とも情けない限りではありますが・・・・・・

とは言えついうっかり忘れてしまうのが人間というものです。

オンエア当日の朝に届くようにメルマガを発行しておりますので、

どうかご活用ください。

 

TBS月曜ゴールデンホームページ

http://www.tbs.co.jp/getsugol/

 

山本卓也出演情報メールマガジン

http://www.mag2.com/m/0001092805.html

カテゴリー: 出演情報、宣伝 | 『弁護士 高見沢響子12』 はコメントを受け付けていません。

『弁護士 高見沢響子12』OA延期

TBS月曜ゴールデン

『弁護士 高見沢響子12』に出演しています。

2012年4月14日(月)21:00~の予定でしたが、

蟹江敬三さんの追悼特別番組オンエアのため、

放送日が延期となりました。

オンエアは決まり次第またご報告致します。

 

TBS月曜ゴールデンホームページ

http://www.tbs.co.jp/getsugol/

カテゴリー: 出演情報、宣伝 | 『弁護士 高見沢響子12』OA延期 はコメントを受け付けていません。

新たな挑戦

ki-bo-do

 

 

 

 

 

 

乗馬に続き、方向性は全く異なるが

『ブラインドタッチ』の練習をしている。

現にこの記事もブラインドタッチで打ち込んでいる。

・・・・・・と言っても、現段階では単に

『キーボードを見ないで打っている』だけというレベルだ。

キーボードを見ながら打った方が数十倍早い。

見ながら打ちでもキーを探すのを迷ったりしないので、

はっきり言ってしまうと実生活の中では必要ない。

ブラインドタッチが必要とされるとしたら、

それは何らかの形で仕事でPCを扱い、

入力効率を求められる場合であろう。

 

常々思っていたのだが、

映画やドラマでキーボードを打つシーンはよくあるが、

適当に打ったのかそうでないのかは、

素人目で見ても一発で分かってしまう。

それまでどんなに素晴らしい演技であっても、

途端に安っぽく見えてしまうので非常に残念だ。

雰囲気に表れる部分もあるとは思うが、

一番の理由はホームポジションの不理解によるものだろう。

ホームポジションとは、ブラインドタッチにおける基本姿勢で、

指は必ずそのポジションから移動し、そこに戻ってくる。

そして打つキーの分担は決まっているのだ。

 

これらのことから、私のキャラクターを考えると

役作りの上で必須になるブラインドタッチの修得は

必要不可欠だと思ったという訳である。

役が決まったことによる役作りではないのが残念だが、

無駄にならない技能なので、

訓練を欠かさないで行こうと思う。

カテゴリー: 未分類 | 新たな挑戦 はコメントを受け付けていません。

乗馬4級合格!!

乗馬4級に昨日、無事に合格した。

これでプロフィールに堂々と『乗馬』と書くことができる。

10日間という日程の中だったが、

何とか乗馬の基本は理解できたかと思う。

しかしやはり何事においてもそうだが、

10日やそこらではやっとスタートラインにたてたかな、

というレベルであることは否めない。

それでもこの10日間で得ることができた知識や経験は、

かけがえのないものだったことは間違いない。

 

習い事は気長に楽しむことが重要と、茶道の師匠がおっしゃったことがある。

乗馬も目標としてライセンスに向かうことは導入としては良かったし、

必要性を考慮して今回はチャレンジしたのでその部分では良かった。

しかし気長に楽しむというわけにはやはり行かなかったので、

余裕さえあれば級など気にせず続けたい気持ちに駆られた。

きっとその方が乗馬も上達し、馬の気持ちも理解できて、

本当の意味での特技として挙げることもできるのだろう。

 

さて、乗馬のライセンスを持つことによるメリットは、実は他にもある。

海岸や草原を外乗できる施設で、馬を借りることができるらしいのだ。

そういう所があるのは知っていたし、楽しそうだと思ってはいたが、

実際乗馬を経験した今は、そういうものに参加するイメージが、

描きやすくなった。

もしかしたら、当面の楽しみ方としては、

そういうイベントに参加するのが一番かもしれない。

 

知らない世界を体験するというのは良い事だ。

一つの道を深く極めることで見えてくるものもあれば、

色々なことを浅くとも体験することで見えてくることもある。

今回はそんなことを再認識させられた。

恐らく、『始めの一歩』というものがどんな物事においても

一番エネルギーを必要とするが、

今年はどんどん色々なことにチャレンジして行こう。

カテゴリー: 未分類 | 乗馬4級合格!! はコメントを受け付けていません。

uma

 

 

 

 

 

 

 

 

午年の新年が明けた。

午年だから馬の画像を・・・・・・というわけでは実はない。

私は今乗馬クラブに通っている。

午年だから馬にちなんで・・・・・・と、思い立ったわけでもない。

元々乗馬のスキルは役者としてあった方がいいと常々思っていたのだが、

乗馬クラブの会員になるには経費もかかり、

クラブへの移動にはコストも時間もかなりかかってしまうため、

敬遠していた。

しかしとあるオーディションで馬に乗れた方が良さそうな状況を察知し、

色々と調べてみたというわけである。

 

知り合いが会員になっている乗馬クラブのことを調べていたら、

会員にならずして『全国乗馬倶楽部振興協会認定の4級』を取得できる、

という料金コースがあった。

きっと馬を知る者からしてみれば、

級だけ取って乗らないでいたら意味がないと言われてしまうだろう。

車やバイクだって免許を取ってから全く乗らないでいたら

運転できなくなってしまう。

ましてや相手は機械ではなく生き物である。

意のままに操るには継続したレッスンは欠かせない。

しかしコストや時間の問題を考えると、

現状は短期間で級を取得するというのが一番良いと判断した。

hikouki

 

 

 

 

 

 

クラブ名は『オリンピッククラブ』といい、

成田空港近くの千葉県山武郡芝山町宝馬にある。

我が家は羽田空港が遠くないので、

至近距離での低空飛行の飛行機は見慣れているはずだが、

思わずこんな写真をとってしまう。

羽田はお台場が近いのでビル越しに見ることが多いが、

成田は畑が多く視界を邪魔しないので凄く近くに感じた。

移動時間が長いのが多少辛いが、

ゆったりとした時間が過ごせるので、

余裕さえあれば週に1,2回来たいと思ってしまった。

 

知らない知識や初めての経験ばかりで、

10日間で馬に乗れるようになるのか!?と正直必死だ。

毎回あたふたして、てんやわんやだが、しかしすごく楽しい。

きっと今年は午年だから、少し乗馬が流行ると思う。

現に大寒という一年で一番寒いとされる今でさえ、

思った以上に人がいる。

習い事は『一人だけ』や、『大人数』より、

指導員の意識が分散してしまわない程度の適度な人数がいた方が、

上達は早い。

多過ぎず、少な過ぎず人がいる今が、ベストな環境だと感じた。

グッドタイミングだった。

乗馬4級に合格して、快調な走り出し!と行きたいところだ。

カテゴリー: 未分類 | 馬 はコメントを受け付けていません。

大晦日

いよいよ今年も今日で最後だ。

思えば今年は本当に色々な事があった。

政治、経済、神事、気候などは勿論、

自分個人を取り巻く環境や物事も

大きな変化がある年だった。

来年からは、正に新しい何かが訪れる。

「良いこと」を引き寄せることが重要だが、

「悪いこと」に襲われた時支えて下さった方々に

感謝の気持を忘れず、

「最悪の事態」から遠ざけて下さった神様、ご先祖様にも

感謝の気持を忘れず、

自分を信じて進んで行こうと思う。

 

このブログを読んで下さっている全ての方が

良い年を迎えられますように。

カテゴリー: 未分類 | 大晦日 はコメントを受け付けていません。

ガレージカーブミラー

ka-bumira-

 

 

 

 

 

 

 

家の駐車場にカーブミラーを設置した。

ガレージカーブミラーと言った方が正しいかもしれない。

我が家の前は坂道なので、

自転車やバイクが猛スピードで通り過ぎる。

しかも出庫時は塀が邪魔して視界が悪い。

誰もいないか目視してから車に乗り込み、エンジンをかけ発進する。

そのわずかな間にも人や車両が接近していて、

ヒヤッとすることが多かった。

細心の注意を払って極めてゆっくり出庫はしているが、

それでもちょっとでも接触すれば、

相手に怪我がなくても交通事故だ。

お互いに嫌な気持ちは残る。

 

駐車場内でナビやオーディオの設定をする余裕が無いし、

かと言って急いで発進しても逆に危ない。

だったらミラーを設置してずっと目視できるようにすれば良いと、

この度思い切ったわけである。

実はちょうど知り合いが駐車場にミラーを設置したのを見て、

ウチにもこれを付ければいいじゃない!!

と、思ったのがきっかけだった。

設置工事が必要なのかと思っていたのだが、

ホームセンターでミラーも、取付金具も売っており、

簡単に自分で設置することができた。

 

ミラーも円型、角型、様々な大きさのものがあり、

取付金具も、塀、ポール、柵など、様々な場所用の物があった。

角型の方が見やすくはあるのだが、向きによって見辛くなる。

変則的な設置の仕方をした場合には向かなそうだった。

円型ならどういう角度になっても見え方は同じなので、

円型が良しということになった。

大きさは恐らく駐車場のスペースによって変わりそうで、

ミラーを見る場所からミラー自体までの距離が遠い場合は、

大きい物の方がもちろん見やすい。

しかし我が家の駐車場は狭く、距離は近いので、

直径150㎜サイズで十分だった。

 

実際設置効果は絶大だった。

写真でもわかると思うが、見通しが良くなったので、

エンジンをかけてからゆっくりできる。

準備が整ってから車を降りて安全確認しに行くというような

手間もいらない。

安全を目視で確認して、ゆっくり安心して発進できることが

こんなに爽快なものとはあまり考えていなかった。

このミラーを設置したことで、母が自転車で出かける時にも

危なく無くなって良かったと言っていた。

左右2個設置しても1万円を越えなかったので、

費用対効果もバッチリだ。

カテゴリー: 未分類 | ガレージカーブミラー はコメントを受け付けていません。

ホンモノ

先日市原悦子さんの「うた語り」の稽古場を

見学させていただいた。

大先輩の稽古場にお邪魔させていただくからには、

こちらも本番に臨むような緊張感を持って見させていただく。

当たり前の礼儀だし、その方が得られるものは大きい。

 

演出の塩見さんの鋭い切れ味と

それを受けて太陽のように輝く市原さんは

やはり流石としか表現できない。

演出は毒を吐いているように見えて、

その実優しさと包容力に満ちている。

演技は温和であっけらかんとして見えて、

しかし鋭く研ぎ澄まされ、目前に迫って来る。

その2つが起こす化学変化を生で見られたところが、

今回の稽古場見学の素晴らしさだった。

お客様には決してお見せできない部分だが、

役者にとってこれほど貴重な瞬間は無い。

 

と、言いつつ、ちょっと油断すると

観客として引きこまれ、楽しんでしまう。

やはりそこが一番凄い。

小賢しく身構えたところで、

ホンモノの持つ魅力には抗えないのだ。

何だかんだ論じてみたところで、

結局目指すべきはそこだ。

 

自分は何をした訳でもないが、

稽古場を後にして、気が付くと脳に軽い疲労感があった。

充実していた証拠だ。

今私は、体や生活環境等、様々なものが大きな変化の中にある。

自分と向き合うべき大きな節目と言える。

だから良いエネルギーをいただけたのが嬉しかった。

良い流れに乗れるように、踏ん張ろうと思う。

カテゴリー: 未分類 | ホンモノ はコメントを受け付けていません。

消化器戒厳令発布

THE FOLLOWING TAKES PLACE

BETWEEN 2:00 P.M. AND 3:00 P.M.

(午後2時から3時までの出来事)

14:00 夜中の仕事を終え就寝後起床

14:10 自宅出発

14:30 総合病院到着

14:40 受付に手間取るも機械にて受付

14:50 経過確認の検査の為採血

 

THE FOLLOWING TAKES PLACE

BETWEEN 3:00 P.M. AND 4:00 P.M.

(午後3時から4時までの出来事)

15:00 予約時間まで30分の猶予を確認、外来待合で待機

15:30 予約時間になるも混雑により遅れが発生、継続して待機

15:31 8時の方向にいる70代男性が70代女性を口説き始める

15:45 遅延15分確認、継続して待機

15:46 8時の方向の男女、話題が日本丸になる

15:59 8時の方向の男女、話題は過去の客船になる

 

THE FOLLOWING TAKES PLACE

BETWEEN 4:00 P.M. AND 5:00 P.M.

(午後4時から5時までの出来事)

16:00 遅延30分確認、継続して待機

16:01 8時の方向の男性が中待合に呼ばれるも無視、継続して口説き

16:05 8時の方向の男性継続して口説き

16:08 8時の方向の女性が中待合に呼ばれ一緒に中に

16:15 遅延45分確認、継続して待機

16:23 遅延53分経過後、モニターに受付番号表示を確認

16:24 中待合内血圧計にて血圧、脈拍測定、呼出しまで待機

16:29 担当医からの呼出し、単独行動にてミッション開始

16:30

●担当女性看護士美形につき脈拍上昇

肛門露出を控え心的動揺あるも任務に支障無しと判断

●血液検査による数値により体調改善を確認

●消化器戒厳令発布後の安静、食事改善により

腸内環境の改善があった様子

●抗生剤投与無しの状況で体調の改善を確認、

細菌、アメーバ感染の確率は極小

●通常状態での現状維持可能と判断、

特殊カメラ部隊の出動は見送り

●担当医師よりミッションの終了命令、

消化器戒厳令解除

16:59 マクドナルドにてジャンクフード摂取

 

FIN

カテゴリー: 未分類 | 消化器戒厳令発布 はコメントを受け付けていません。

下の話で申し訳ないけれど・・・・・・

お腹に不穏な痛みが走り、キュンキュンし始めた。

ああ、下ったなとトイレに駆け込むがどうもおかしい。

出しても出しても不穏な感じが抜けない。

残留感と痛みが抜けない状態が長く続いた。

 

私の場合、大概の腹痛は変な物を食べてしまったことによる

一時的なものなので出せばすぐに直ってしまう。

しかし今回は一晩中下痢の症状が治まらなかった。

吐き気はなく、食欲もあるのだが、

お通じだけが芳しくない。

 

芳しくないどころか、30分から1時間ごとに便意をもよおし、

血便まで出る始末。

最終的には粘液と血しか出なくなっていた。

これはいよいよやばいなと思ったが、

寝れば治ると思い、ぐっすり寝た。

しかし、下痢の症状は治まったが、血便は治っていなかった。

 

この日は生憎の土曜日だったので病院がやっているかどうか微妙だったが、

この状況を聞いたお茶の先生から病院の情報を教えていただいたので、

唯一営業していた近所の内科にまず行ってみた。

消化器の事なので専門外かも知れないと思ってはいたのだが、

案の定そうだった。

しかしそこの先生が紹介状を書いて下さったので、

総合病院の救急センター、いわゆるERで診てもらえることになった。

 

寝れば治ると思っていたくらいなので、

そこまで大変なことはしないだろうと思っていたのだが、

初めてのERで、

初めての点滴をし、

初めての造影剤を注入し、

初めてのCTスキャン、

初めての肛門内触診、

初めての肛門カメラ挿入、

と、初めてづくしの結構大掛かりな診察だった。

 

だがこれで終わりではないらしい。

火曜日に経過を見る為に再度診察に行くのだが、

今度は大腸カメラの挿入が待っているというのだ!!

検査結果の示す数値や画像診断で判断するには、

幸いにもガンなどの重大疾患ではないらしい。

症状が症状なだけに、念のためというところのようだ。

不健康でなければ経験できないことなので、

グリグリやっていただこうと思う。

カテゴリー: 未分類 | 下の話で申し訳ないけれど・・・・・・ はコメントを受け付けていません。