『ほぼスマホ』を選んだ理由『Wi-Fiスポット無料』

キャリアスマホ利用の場合、

各社それぞれの無料Wi-Fiスポットが利用できる。

キャリアを選ぶ上で利用地域の電波状況の次に

Wi-Fiスポットの展開状況は重要なポイントだ。

そしてBIGLOBEにも無料で利用できるWi-Fiスポットがある。

 

BIGLOBEのSIMカード利用者は

BBモバイルポイント追加料金無く利用可能だ。

以下のアドレスからスポットの検索ができるので

その方が話が早いだろう。

http://support.biglobe.ne.jp/mobile/wifispot.html

マクドナルドやスターバックスで利用できると考えると

想像しやすいかもしれないが、

実際は思った以上に多くの場所で電波が繋がった。

 

autoconnect

 

 

 

 

 

 

 

外でWi-Fiスポットを利用する上で非常に重宝するのが

上画像のオートコネクトという無料アプリだ。

これは『ほぼスマホ』であればプリインストールされているし、

プレイストアでも無料ダウンロードできる。

①に現在の接続状況が表示される

②でオートコネクトのON/OFFが切り替えられる

③で接続に関する設定ができる

もっと詳細な設定もスマホの右下のメニューキーからできる。

というものなのだが、

便利な点もあるし、もちろん思い通りにならない部分もある。

【便利な点】

(1)自動で利用可能なWi-Fiを感知し接続してくれる。

(2)Wi-Fiを感知して接続するまでの待機時間を設定できるので、

電車に乗っている時などは待機時間を長めにしておくと、

駅に到着する度にWi-Fiに切り替わったりしないので、

接続が不安定になるのを防げる。

(3)認証が必要な接続も、オートコネクトが自動でやってくれる。

【不便な点】

電波を感知してから接続までの最短時間が30秒である。

・・・・・・というのが2週間ほど使用した私の感想だ。

 

外出時にオートコネクトは本領を発揮するが、

スリープ時にWi-Fiを切断する設定にしていた場合、

スリープを解いてからの接続までの時間が長い。

忘れて接続が成功していないのに

容量の大きい接続をLTEでしてしまうことがあるのだ。

かと言って、Wi-Fiを常時接続にするのは電池消費が激しい。

だから私は、普段はオートコネクトをOFFにして、

Wi-Fiスポットを利用するときにONにして、

自動認証の為のアプリとして使うことにした。

アプリが電波をキャッチしきれない場合は

『Wi-Fi設定』ボタンで『Wi2』という接続を探して手動で接続してやれば

後の認証はアプリがやってくれる。

 

アプリのレビューで『使えない』とコメントしているのを見たが、

恐らくこの辺りを指摘してのことだろうと思う。

しかし、ノートパソコン等で無線LAN接続設定に

苦労していた世代にとって、

特徴を理解してやればこんなに便利なアプリはない。

最新ではないけれど優秀な機種であるSH90Bだからこそ

不具合に直面していないという可能性もあるが、

その優秀さについては追々コメントして行きたい。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク