『ほぼスマホ』を選んだ理由『利用料金』

私の携帯電話の利用料金は月額2,200円程だ。

この料金の内訳は

基本使用料が無料通話が付く中で一番安いプランに

各種割引を適用して914円。

インターネット使用料300円。

パケットの定額サービス1,000~4,200円

 

無料通話はおよそ25分程で、

私の使い方だとそれを超すことはない。

パケットは、通常は1,000円だが、

それを超えた分は料金は加算されるがどれだけ使っても

上限は4,200円ということ。

私の使い方だと1,000円を超えることはなかった。

 

この利用状況を考えてスマホに機種変更した場合、

基本使用料とインターネット利用料は同じだが、

パケットの定額サービスは段階制ではなく5,700円で固定となる。

ということは、一番使わない状況でも6,900円程ということ。

前回の記事で倍以上と表記したが、

私の場合だと倍どころか3倍以上になってしまう計算だ。

 

では、私が選んだ『ほぼスマホ』の料金はいくらか

何と信じられないことに900円だけである。

 

しかしこの数字は、一般的な場合であり、

私の利用状況だと数字が変わってくる。

 

まず、私の通信の契約状況は以下の通りだ。

携帯電話回線 au

固定電話回線 au

固定インターネット回線 au

プロバイダー BIGLOBE

 

これを加味すると

auスマホには割引が適用されるので6,900円→5,500円

BIGLOBE利用者の場合は『ほぼスマホ』の料金は

900円→700円

ということは、私が『ガラケー』をそのまま利用し、

合わせて『ほぼスマホ』を利用した場合でも、

倍以上料金が違うということはないが、やはりそれに近い。

料金的に超お得ということに変わりはないというわけだ。

 

続く

カテゴリー: 未分類 パーマリンク