長期間ブログを休んでしまった

PCが故障してしまい、ハードディスクの内容も吹っ飛んでしまった。

結果から言えば、マザーボードかCPUの故障だったのだが、

それを確かめる過程でハードディスクのデータも

レジストリが破壊され、修復できなくなってしまった。

私は何かあったときのためにハードディスクを2つ差し

バックアップも取っていた。

にもかかわらず両方ともデータが飛んでしまうという

何とも辛い破壊が起こった。

 

まず最初にPCの処理速度が異様に遅くなり、

再び起動するのにもエラーが起きて、

ディスクチェックも24時間かけても終わらないような有様だった。

しかしこの時点ではハードディスクをメインを「A」、

バックアップを「B」とすれば、

「A」にOSを再インストールすれば直るだろうという目算だったので、

再インストールをしようとソフトDVDを挿入したのだが、

この再インストールも遅々として進まない。

だから私はてっきりハードディスクの故障だと判断し、

「B」の方にOSをインストールするという間違った選択をした。

先にも述べたとおり故障の原因はハードディスクではない為、

「B」へのインストールも同様に進まなかったのは言うまでもない。

この判断の前にマザーボード、CPU、メモリに故障箇所を絞っていれば、

被害は最小限に抑えられたのだが、今となっては仕方がない。

 

ではいよいよマザボード、CPU、メモリのどれかということになり、

まず比較的新しかったメモリは除外した。

そして値段的に安いマザーボドから着手ということで、

近くのヨドバシカメラでASUSのマザーボドを購入し、

PCを分解、再構築したのだが、ここにも落とし穴があった。

 

詳しい方ならお察しの通り、CPUにも取り付けられる型が決まっており、

私が以前PCを自作した後にCPUの世代交代があったようで、

マザーボード、CPUどちらが故障していたにせよ、

両方変えざるを得なかったのだ。

普段ならそういったことを調べてから買いに行くのだが、

PCが故障してアンドロイドウォークマンのブラウザだけでは、

詳細まで調べつくせず2度手間になってしまった。

 

そんなこんなで、結果的に中身が新しいパソコンになってしまった。

ケース、電源、メモリ、ハードディスクがそのままなので

そういう感覚はあまりないが、しかし動作は軽快である。

前回購入時点から3年しか経っていなかったので、

寿命は短い方だったように思う。

今年は出雲、伊勢両遷宮の年であり

両神宮を参拝した身としては、この時期の入れ替わりは良いことだと、

気を取り直すことにした。

 

ちなみに、ハードディスクは「A」「B」とあったが、

実は動作がなんとなく怪しかった2テラ容量の「B」を

完全に諦めて取り外した。

評判のいい外国メーカーのものだったが、

やはり国内メーカーのものが一番のようで、

動作は完全に安定した。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク